印刷

文字列圧縮アルゴリズム

講義概要

講師 茨城大学工学部情報工学科 佐々木 稔 准教授 、茨城県立産業技術短期大学 教員
開講日 令和3年12月17日(金)~令和4年1月16日(日)
場所 その他 オンデマンド配信

理論編

ランレングス圧縮、ハフマン符号圧縮等の講義

ネットワークを介して大量のデータをやり取りするとき、通信量や記憶容量を低減するために、データ圧縮・伸長技術が使われています。本講義では、データ圧縮のための符号理論を紹介します。代表的な符号化の方法であるシャノン・ファノ符号やハフマン符号、FAXで使われる符号化方法であるランレングス符号を紹介します。

問題演習編

問題演習

2019(春)問題8(ハフマン符号圧縮)

2013(秋)問題8(独自圧縮アルゴリズム)

ページトップ